So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

<カメ>甲羅に落書き「カメデス」 甲府の舞鶴城公園(毎日新聞)

 甲府市の舞鶴城公園の堀で、甲羅に白いペンキのようなもので「カメデス」と落書きされたカメ(体長約30センチ)が見つかった。公園を管理する県都市計画課の担当者は「なるべく早く保護して落書きを消したい。絶対にまねをしないでほしい」と話している。

 同課によると、約7000平方メートルの堀にはカメやコイが多く生息しているが、所有者がいないため、器物損壊などの罪に問うのは難しそうだという。舞鶴城公園はJR甲府駅や県庁のすぐ近くで、観光客も多い。通勤途中の女性は「数日前から目にしていた。ひどい」と話した。【水脇友輔】

【関連ニュース】
<犬が被害>動物虐待:公園にくぎ仕込んだ肉 犬が食べ手術 大分
<チューリップが被害>大阪・鶴見緑地で900本 10年3月
<桜が被害>若木35本、根元付近で切断 河川敷に放置 山口
犬が教えてくれたこと:ペットブームの残酷
<写真特集>ウミガメ:500万年目の危機

小沢氏側近の松木氏、菅氏の小沢外し発言に不快感(産経新聞)
朝の地下鉄御堂筋線が一時運休4万人影響 大阪、駅で人身事故(産経新聞)
<センター試験>来年1月15、16日に実施(毎日新聞)
消費増税を模索=今月中に「中期フレーム」策定―財政規律派の菅新首相(時事通信)
鳩山前首相が首相特使で訪中 上海万博へ(産経新聞)

巡査部長ら手続きせず盗難車スクラップ 金銭授受は否定(産経新聞)

 大阪府警住之江署交通課を今春、定年退職した元警部補(60)と、現職の巡査部長(54)が、大阪市住之江区内の路上に放置された盗難車2台を、正規の手続きを取らずに、知り合いのスクラップ業者に処理させていたことが28日、分かった。府警は、占有離脱物横領容疑で、2人を6月中にも書類送検し、関係者を処分する方針。

 府警によると、2人は住之江署交通課に勤務していた平成20年4月ごろ、住之江区の大阪・南港などの路上に放置されていた盗難車2台を、正規の手続きを取らず、所有者にも連絡しないまま、知り合いのスクラップ業者に依頼して撤去、処分させていた。

 この2台に加え、所有権が明確でない放置車両を含めて計約10台の処理を業者に依頼していたが、金銭などの授受については否定。府警も確認できなかったとしている。

 府警に対し、元警部補は「放置車両をそのままにしておくと苦情が来るので、知り合いの業者に頼んだ。私利私欲でやったのではない」。巡査部長は「元警部補と相談してやった」と話している。

【関連記事】
車窃盗容疑で追送検 名古屋ひき逃げ事件の4人 愛知県警
盗難車がガス欠で自首 窃盗容疑で43歳男逮捕
逃走のブラジル人逮捕 名古屋3人死亡ひき逃げ
全国最悪→被害ゼロ 車ナンバー盗を特殊ネジが防止
【海外こぼれ話】こりない男
iPadが上陸

辻元・国交副大臣、辞表提出へ…福島党首見通し(読売新聞)
<仮想空間事件>「マルチ人脈」で拡大(毎日新聞)
川崎信金秘書室長、コニカミノルタ社員、群馬銀行員ら覚醒剤購入・所持で逮捕(産経新聞)
「日本は反対運動を無視」=シー・シェパード元船長―東京地裁(時事通信)
高額報酬請求、弁護士を業務停止に=三菱自タイヤ脱落事故の訴訟で―横浜(時事通信)

福島氏「辺野古、県内に明確に反対」 社民が最終局面で対応協議 (産経新聞)

 社民党は27日午前、党本部で常任幹事会を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる対応を協議した。党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「日米共同声明に(移設先に)名護市辺野古、あるいは県内決着ということを書くことはできない。これには明確に反対だ」と述べ、改めて共同声明を受けた形では閣議で署名しない考えを強調した。

[フォト]「暴走・社民」の皮算用 離反恐れ首相が免罪符 福島氏沖縄入り

 また、又市征治副党首はあいさつで「日米共同声明は中止をして仕切り直す。鳩山内閣の命運がここにかかってきたことをしっかり自覚してもらいたい」と述べ、鳩山由紀夫首相にも注文をつけた。

 社民党内では、連立政権からの離脱容認派と連立維持派が互いに主張を展開しており、普天間問題へのスタンスをめぐって両者の対立が深まっている。

【関連記事】
普天間で反発の福島氏に首相「理解に向け努力。それしかない」
普天間移設 許されぬ文言の使い分け
一触即発…深まる溝 ボルテージ上げる福島氏
政府方針は「辺野古」不明記 苦肉の配慮も 社民反発「二枚舌だ」
鳩山首相と対話より海兵隊との交流…辺野古住民の複雑なホンネ
虐待が子供に与える「傷」とは?

<銭湯>入浴料、据え置き報告 副知事に都対策協(毎日新聞)
不審がられ「患者欲しがる」=薬調達、大みそか・元旦も―不同意堕胎事件で医師(時事通信)
電波発信、機能を確認=鹿児島大、創価大の衛星(時事通信)
映画「ABATOR」から考える政治のあり方(産経新聞)
11年度から消費増税を=IMF、財政再建の早期着手求める(時事通信)

宮崎県新富町でも口蹄疫感染疑いの牛(読売新聞)

 宮崎県新富町の酪農家で17日、口蹄疫の症状がある牛が見つかった。町は同日、飼育されていた約20頭の殺処分を始めた。感染が確認されれば同町では初めて。

 町によると、16日午前、感染の疑いがある牛がいると連絡があり、宮崎家畜保健衛生所などが調べたところ、感染が疑われるという。

初期鳥類、羽ばたいて飛べず=羽根が強度不足―英大学など(時事通信)
普天間移設 官房長官が徳之島町議5人と会談(毎日新聞)
ダイヤ鑑定 「全宝協」が価値かさ上げ 業界団体が聴取へ(毎日新聞)
町村会元幹部2人に有罪=官官接待「許容できない」−福岡地裁(時事通信)
<窃盗>和菓子80個盗み、40個食べる 熊本(毎日新聞)

八重桜、色鮮やかに=秋田県井川町〔地域〕(時事通信)

 秋田県井川町の町営公園「日本国花苑」の八重桜が見ごろを迎え、ピンクや白、黄といった色とりどりの桜が見物客の目を楽しませている。
 日本国花苑の桜は、昭和天皇の訪欧や秋田県の立県100年などを記念して1972年から植栽が始められ、現在は全国各地の桜約200種2000本が植えられている。ソメイヨシノなどは既に散ったが、八重桜は今週いっぱい楽しめるという。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕榛名雲海桜と牧場さくらまつり=群馬

女性遺体 「物置に置いた」元夫が供述 静岡・御殿場(毎日新聞)
<公選法違反>愛知・美浜町議に罰金刑…名古屋地裁判決(毎日新聞)
雑記帳 サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
<阿久根市長>「花火規制条例」を専決処分 議会側反発(毎日新聞)
東京・大阪で、若さの栄養学協会講演会(医療介護CBニュース)

日中韓外相、来月15日に会談へ=北の核問題など協議(時事通信)

 日本、中国、韓国の3カ国の外相が5月15、16両日に韓国南東部の慶州で会談する方向となった。複数の日韓関係筋が20日、明らかにした。北朝鮮の核問題や経済、環境分野での協力強化について意見交換する。3カ国は外相会談を受け、5月29、30両日に韓国の済州島で首脳会談を行う見通しだ。
 日中韓による外相会談は昨年9月に中国・上海で開かれて以来。岡田克也外相、中国の楊潔※(※=竹カンムリに褫のつくり)外相、韓国の柳明桓外交通商相が出席し、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の再開に向けた連携や貿易投資の拡大の協力などを確認する。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島〜金総書記、軍事訓練を異例の視察〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

東京下町の中学、無料で夜間補習教室(読売新聞)
<3カ月予報>5〜7月 太平洋高気圧弱く北日本は気温低め(毎日新聞)
今度は大阪・吹田、またキリスト教会に消火器(産経新聞)
激甚災害に指定=チリ大地震の津波被害で−政府(時事通信)
<東北新幹線>緊急ブレーキ作動で一時運転中止 7千人影響(毎日新聞)

「地球は想像以上に美しい」 山崎さんらが宇宙会見(産経新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する山崎直子さん(39)や野口聡一さん(45)らが日本時間14日、日本実験棟「きぼう」の船内実験室と地上の間を衛星回線でつなぎ、記者会見を行った。山崎さんは「宇宙から見た地球は想像以上に美しかった」と初飛行の感動を伝えた。

 会見にはISSに滞在する日米露の飛行士計13人が参加。頭を下にして画面に映った山崎さんは「シャトルの座席で急に振動がどどど…ときて、本当に宇宙に行くんだと実感がわいた」と米スペースシャトル「ディスカバリー」での打ち上げの瞬間を振り返った。

 自ら開発に携わったきぼうについて「初めて足を踏み入れたときは感動した。今はだいぶ生活感が出ている」と話した山崎さん。ISSで出迎えた野口さんは「仲間がきてくれてすごくうれしかった。久しぶりに日本語をいっぱいしゃべりました」と笑った。

 山崎さんはこれまでの仕事ぶりを「順調で100%がんばっている」と自己評価。「宇宙は女性も男性も関係なく平等に働ける世界。ここでの経験を持ち帰り、宇宙の可能性を伝えていけたら」と話した。

【関連記事】
山崎さんの宇宙用髪留め、大磯の女性がデザイン
宇宙飛行士の妻のため…“主夫業”歩んだ山崎大地さんのイバラ道
山崎さんが琴を演奏 宇宙で初の和楽器合奏
シャトル着陸19日に延期 機体検査の手順変更
「宇宙から愛をこめて」山崎さんが家族に初メール
外国人地方参政権問題に一石

普天間問題、5月末に方向性 鳩山首相発言が後退(産経新聞)
<おじさん犬>警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)
助産所の第三者評価を開始(産経新聞)
30、40歳代引きこもり珍しくない 「高年齢化」にどう対応するのか(J-CASTニュース)
舛添・東国原氏が会談、政局対応も意見交換?(読売新聞)

韓国人ホステスに偽装結婚あっせん 44歳男を逮捕 (産経新聞)

 韓国人ホステスに日本での長期在留資格を取得させるため、偽の婚姻届を提出したとして、警視庁荒川署は公正証書原本不実記載・同行使の疑いで、東京都墨田区石原、自称雑貨販売、菅野芳高容疑者(44)を逮捕した。同署によると、菅野容疑者は「好意で結婚相手を紹介しただけ」と容疑を否認している。

 同署の調べによると、菅野容疑者は短期滞在ビザで入国した韓国人ホステス(31)=強制退去処分=らと共謀し、平成19年12月21日、実際は結婚していないホステスと内装業の男(51)=同罪で懲役2年の実刑確定=の婚姻届を荒川区役所に提出した疑いが持たれている。

 内装業の男の供述から、偽装結婚をあっせんしていた菅野容疑者が浮上した。菅野容疑者はホステスが勤務する飲食店の客で、ホステスから報酬として現金約60万円を受け取っていたという。

【関連記事】
逮捕の中日ネルソン、過去には偽装結婚も…
偽装結婚容疑で中国人ら逮捕 大阪府警
比ニューハーフと男3組、偽装結婚の疑い
偽装結婚させた弁護士に有罪 大阪地裁
中国籍の近大留学生ら、偽装結婚で逮捕
「中国内陸部の資源事情とは…?」

長官銃撃概要の警視庁HP、アレフが削除申出書(読売新聞)
<桜自慢>1位は青森、2位奈良、3位京都…気象会社調査(毎日新聞)
鳥取市長に自公推薦の竹内氏が3選 民・社推薦、共産支持の新人破る(産経新聞)
<三好市長選>現職の俵氏が再選 徳島(毎日新聞)
川端大臣「一社随契よくない。改善されることを期待」 理研の1社応札問題で(産経新聞)

国東半島 「峰入り行」始まる 天台宗の僧侶ら(毎日新聞)

 大分県の国東半島で、天台宗の僧侶たちが約150キロの山道を歩き、霊場を巡る「六郷満山(ろくごうまんざん)峰入り行」が31日、本格的に始まった。僧侶約20人は、同県豊後高田市の国指定重要文化財「熊野磨崖仏(まがいぶつ)」前で護摩をたいた後、約100人の一般参加者と共に険しい山道を歩き始めた。

 峰入り行は00年3月以来10年ぶり。六郷満山は国東半島に点在する天台宗寺院の総称で、峰入り行は仁聞(にんもん)菩薩が修行した足跡をたどり、855年に始まったとされ、その後興廃を繰り返して1959年に復活した。

 午前7時、ほら貝の合図と共に、白装束の僧侶が険しい参道を登り始め、磨崖仏前に到着。般若心経を唱える声が響き渡る中、護摩に火が付けられると、激しく煙が噴き上げた。行は4月4日まで続く。【祝部幹雄】

【関連ニュース】
ふるさとナビ:市民記者ニュース 僧侶ら霊場巡る 大分で10年ぶり修験行事 /東京
美しき瑞穂の国で:第1部・仏の里の春/3 米国から古里の鬼へ /大分
ひとinぐんま:江戸時代の「大根蕎麦」復活、前山文伸さん /群馬

サリン事件風化させるな=地下鉄駅でテロ対策訓練−発生15年・東京消防庁など
<突き落とし>男性重傷 容疑の60歳逮捕 東京・大手町駅(毎日新聞)
秋葉原 防犯カメラ設置…無差別殺傷の現場周辺に34台(毎日新聞)
三原じゅん子、8日に“自民党デビュー”(スポーツ報知)
奥田民生 前代未聞のひとりレコーディングライブツアーを開始!
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。