So-net無料ブログ作成
検索選択

巡査部長ら手続きせず盗難車スクラップ 金銭授受は否定(産経新聞)

 大阪府警住之江署交通課を今春、定年退職した元警部補(60)と、現職の巡査部長(54)が、大阪市住之江区内の路上に放置された盗難車2台を、正規の手続きを取らずに、知り合いのスクラップ業者に処理させていたことが28日、分かった。府警は、占有離脱物横領容疑で、2人を6月中にも書類送検し、関係者を処分する方針。

 府警によると、2人は住之江署交通課に勤務していた平成20年4月ごろ、住之江区の大阪・南港などの路上に放置されていた盗難車2台を、正規の手続きを取らず、所有者にも連絡しないまま、知り合いのスクラップ業者に依頼して撤去、処分させていた。

 この2台に加え、所有権が明確でない放置車両を含めて計約10台の処理を業者に依頼していたが、金銭などの授受については否定。府警も確認できなかったとしている。

 府警に対し、元警部補は「放置車両をそのままにしておくと苦情が来るので、知り合いの業者に頼んだ。私利私欲でやったのではない」。巡査部長は「元警部補と相談してやった」と話している。

【関連記事】
車窃盗容疑で追送検 名古屋ひき逃げ事件の4人 愛知県警
盗難車がガス欠で自首 窃盗容疑で43歳男逮捕
逃走のブラジル人逮捕 名古屋3人死亡ひき逃げ
全国最悪→被害ゼロ 車ナンバー盗を特殊ネジが防止
【海外こぼれ話】こりない男
iPadが上陸

辻元・国交副大臣、辞表提出へ…福島党首見通し(読売新聞)
<仮想空間事件>「マルチ人脈」で拡大(毎日新聞)
川崎信金秘書室長、コニカミノルタ社員、群馬銀行員ら覚醒剤購入・所持で逮捕(産経新聞)
「日本は反対運動を無視」=シー・シェパード元船長―東京地裁(時事通信)
高額報酬請求、弁護士を業務停止に=三菱自タイヤ脱落事故の訴訟で―横浜(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。