So-net無料ブログ作成
検索選択

福島氏「辺野古、県内に明確に反対」 社民が最終局面で対応協議 (産経新聞)

 社民党は27日午前、党本部で常任幹事会を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる対応を協議した。党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「日米共同声明に(移設先に)名護市辺野古、あるいは県内決着ということを書くことはできない。これには明確に反対だ」と述べ、改めて共同声明を受けた形では閣議で署名しない考えを強調した。

[フォト]「暴走・社民」の皮算用 離反恐れ首相が免罪符 福島氏沖縄入り

 また、又市征治副党首はあいさつで「日米共同声明は中止をして仕切り直す。鳩山内閣の命運がここにかかってきたことをしっかり自覚してもらいたい」と述べ、鳩山由紀夫首相にも注文をつけた。

 社民党内では、連立政権からの離脱容認派と連立維持派が互いに主張を展開しており、普天間問題へのスタンスをめぐって両者の対立が深まっている。

【関連記事】
普天間で反発の福島氏に首相「理解に向け努力。それしかない」
普天間移設 許されぬ文言の使い分け
一触即発…深まる溝 ボルテージ上げる福島氏
政府方針は「辺野古」不明記 苦肉の配慮も 社民反発「二枚舌だ」
鳩山首相と対話より海兵隊との交流…辺野古住民の複雑なホンネ
虐待が子供に与える「傷」とは?

<銭湯>入浴料、据え置き報告 副知事に都対策協(毎日新聞)
不審がられ「患者欲しがる」=薬調達、大みそか・元旦も―不同意堕胎事件で医師(時事通信)
電波発信、機能を確認=鹿児島大、創価大の衛星(時事通信)
映画「ABATOR」から考える政治のあり方(産経新聞)
11年度から消費増税を=IMF、財政再建の早期着手求める(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。